2012年09月09日

リレー・フォー・ライフ芦屋

P2012_0908_191420.JPG

P2012_0908_185139.JPG



2012年9月8日の夜は、おしなさんと、おしなさんのご友人の方と、
リレー・フォー・ライフ芦屋へ。

リレー・フォー・ライフとは、
がん患者支援・がん検診啓発 チャリティーイベント。

1985年、タコマ市在住の結腸直腸外科医のゴルディー・クラット医師が
がん患者を励まし、対がん運動組織に寄付する目的で「がん患者は24時間、
がんと闘っている」をメッセージとしてフィールドを走ったことから始まったそうです。
単なる軍資金集めのイベントではなく、地域社会全体でがんと闘うための連帯感を
育む場として、現在では全米5000カ所以上、世界20カ国以上で行なわれるように
なったとのこと。


リレー方式でたすきを繋いで一晩中走り続ける、キャンドル・ラン。
自由気ままに自分のペースで歩く、リレー・ウォーク。
がんについて学べるブースがあったり。
来た人同士が交流できるコーナーがあったり。


★ルミナリエ
img_790115_50184540_0.jpeg
 (写真はネットから頂きました。2007年のものだそうです。)
キャンドル・ランや、リレー・ウォークの参加費を支払うと、バッグをもらえます。
参加者が、偲ぶ想いや励ましのメッセージを書いたそのバッグは、LEDライトにかぶせられ、
トラックには素敵なひかりの環が。



★サバイバーズ・ラップ
6e08a81e3d1e9ffa5e87aa1b3fcd58ce.jpg
(こちらもネットから頂いた写真です。)
がんと闘って来たひとたちのことを、サバイバーと呼び、
サバイバーの方だけが手形をおすことのできるもの。
ちなみに今年のサバイバーズ・ラップには、
「もう6回目の手形を押す事ができました」
といったようなメッセージもありました。



運動場のトラックを、20:30から翌朝8:30まで、
参加された様々な団体の方々が、たすきを繋いで走り続ける。

私がいたのは、19時から21:30くらいまででしたが、
そんな僅かな間でも、夜空のもと大勢の方が走っていらっしゃる姿は
胸をうつものがありました。
参加された方みなさんの胸には、がんで旅立たれた方、がんと闘っている方
を想う気持ちがあるのですよね。
誰かを想う気持ちが、おおきくおおきくひとつになったチャリティーイベント。

みなさんのお近くで開催されていたら、ぜひ足を運んでみて下さい。
胸にひびいてくる何かを感じ取ることができるかと思います。


posted by kanakana at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58121615
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック